小さいふ。


10月5日より阪急高槻がOPENとなります。

クアトロガッツ期間限定ショップを10月05日(土)~10月15 日(火)の期間で開催。

期間中に今回限定でワークショップ「革で作る手縫いのファーストシューズ」を開催します。

5日(土)6日(日)12日(土)13日(日)の4日間開催。

1日2回開催 (1)11:00~13:00 (2)15:00~17:00

参加料金4000円(税抜き)材料費込み/道具貸し出し無料

各回定員5名まで(各回30分前に整理券配布します。先着順定員締切りとなります)

「革で作る手縫いのファーストシューズ」

ワークショップでは革のパーツをお好みで選んでいただき、ご用意した道具で一針一針縫い合わせて世界で1つだけの「ファーストシューズ」を作ります。 クアトロガッツの製作担当スタッフである矢田敦己が完成まで楽しく丁寧にサポートします。

「ファーストシューズ」は、赤ちゃんの大切な一歩を包むベビー用シューズです。ヨーロッパではファーストシューズを玄関に飾っておくと、幸せが訪れると言い伝えがあり、結婚や出産などの大切なお祝いの贈りものとして使われます。

靴としての完成度も追求しながら、履き終えた後にインテリアとして飾りやすいデザインに仕上げました。 記念写真と同じように、玄関やリビングなどに飾ることで、はじめての靴を履いて歩いた特別な瞬間を「ファーストシューズ」とともに家族の心にいつまでもとどめる贈り物になれば幸いです。

□ワークショップ講師 矢田敦己

革靴職人として技術を磨き、独立後は自身のフルオーダーブランドを設立の後、現在は「小さいふ」で知られるレザーアイテムブランド、クアトロガッツで製作を担当。

以前より友人の贈り物に革でつくっていたファーストシューズ。地面を指で掴むように歩く赤ちゃんのためにソールを薄めに設計するなど、幼児子ども専門シューフィッターの資格を持つ職人ならではの技術と、父親としての視点からの心づかいが込められています。