工房に橋本会長来る

小さい財布の小さいふ。


「お〜い」が口癖の橋本会長は大阪の皮革メーカの創業者。

現在は会長をされています。

フルベジタブルタンニンの革の魅力を教わったのもこの橋本会長からです。

「本物の革は傷が入っているもんや。人間も傷だらけやないか。」

おまえらみたいな革の良さのわからんもんには売らん!とお叱りを受けたことも。

この人を信じて一度使ってみよう。

そうして持ち帰った革は使うほどに光沢と味わいが生まれ、クアトロガッツでは定番となりました。

そんな会長は若者と話すことが好きなことで有名。

革の納品スタッフと一緒に来ていただいたときには、革の話、戦後の日本の話から、会長の若い頃の話まで聞かせてくれるのです。

クアトロガッツのスタッフにも貴重な体験の場です。

いつもありがとうございます!