すいかと花火

小さい財布の小さいふ。


仕事を早終わりして

基地の裏手で

みんなで地元の花火見よう会開催。

あては、岡山備前より来た使者のすいか。

美味、そして、美見。

打ち上がる花火を背にスマホで手元を照らしながら包丁でスイカを切るスタッフ

この日が来るまでスタッフに色々いたずらをされていたスイカ。

田舎のスーパーでゲットした巨大スイカその名もブラックボール。甘さ以外は◎でした。主役を見事つとめてくれました。ありがとう。

Comments

comments

このエントリーをはてなブックマークに追加