小さいふ。


世界的な新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、感染防止のために日本各地でも不要不急の外出の自粛、オリンピックをはじめとするイベントの延期や中止、学校の閉校、入学式の延期、お店の営業自粛など大きく生活に影響を与えています。

特に欧州での感染被害は大きく、病院のベッド、酸素マスク等の設備の不足など深刻な医療崩壊が起こっています。

昨夜のニュースでは現在の日本と同じ1000人規模の感染者だったスペイン、イタリアは11日間で急激な拡大をしたことが報道されており、感染拡大に歯止めをかけることが急務となっています。

私たちひとりひとりにできることは、手洗い、うがい、マスク、”STAYHOME” 家にいることで集団的感染拡大をおさえることです。ウイルスには二週間の潜伏期間があるといわれ、感染に無自覚な期間に感染が拡大してしまう恐れもあります。

ワクチン・治療薬が一刻も早く見つかることを願うばかりです。経済活動への影響も起こりつつあり、耐え忍ぶ時であると言われています。正しい情報と節度のある行動で皆で協力しあっていきたいと思います。

先日お亡くなりになった志村けんさんには心よりご冥福をお祈りします。8時だョ!全員集合、志村けんのだいじょぶだあ、カトちゃんケンちゃん、加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ。
日曜日の夜が楽しみで子供の頃、息ができなくなるほど笑わせてもらいました。

家にもあの”だいじょうぶだあ太鼓”がありました。思い出すと真剣に馬鹿なことをする姿が笑いとともに蘇ってきます。80年代90年代を過ごした日本人皆が同じ悲しみを感じていると察します。本当に残念です。

郵便物や物を介しての感染はあるか?

クアトロガッツのWEBSHOPでもネット通販を介しての感染について心配になり調べてみました。

厚生労働省の電話相談窓口に連絡したところ「WHOでは一般的にウイルスが物に付着しても長時間生き残ることはできないといわれており、今のところ通販等での感染は報告されていない。」との回答でした。

日常生活で心配であれば次亜塩素酸ナトリウムの入っているハイター(市販されている家庭用漂白剤等、1,000ppm)を薄めたもの、またはアルコール(70%)による清拭がウイルスに効果的であるということです。

厚生労働省のQ&Aには以下のような内容がありました。

問9 感染者が見つかった場所(外国、国内)から送られてくる手紙や輸入食品などの荷物により感染しますか?

現在のところ、中国やウイルスが見つかったその他の場所から積み出された物品との接触から人が新型コロナウイルスに感染したという報告はありません。WHOも、一般的にコロナウイルスは、手紙や荷物のような物で長時間生き残ることができないとしています。

【WHOの情報】

https://www.who.int/news-room/q-a-detail/q-a-coronaviruses

https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019/advice-for-public

【国立医薬品食品衛生研究所の情報】

http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/microbial/2019-nCoVindex.html

今後、被害が最小限になるように感染防止につとめて参りましょう。