キャプテン


なぜだか、ウズベキスタンの方々の前でお話をさせていただけるはこびに。。。

貴重な経験をさせていただきました〜☆

[クアトロガッツ社長日記]

※大阪府より機会をいただきクアトロガッツのキャプテン・中辻が研修で来日されているウズベキスタンの方々の前でクアトロガッツのモノ作りについてお話をさせていただきました。

12642485_1067402173339809_3393873248862049699_n

ウズベク語で「おはよう こんにちは」は
アッサローム・アライクム
Ассалому алайкум.

12654220_1067402236673136_4012885189322165151_n

翻訳していただいたスライド

12642456_968777389882067_2005418261310357778_n

お土産にウズベキスタン各家庭のテーブルには必ずあるという

特産品のドライフルーツをいただきました。

甘くて美味しかったです!

貴重な友好の機会をいただきありがとうございました!

11225387_1067402253339801_1591645089765140520_n

ウズベキスタンとは

ウズベキスタンといえば旧ソビエト連邦の共和国。

公用語はウズベク語ですが半数の人はロシア語を話すと伺っております。

中央アジアで最も人口の多い国で、中央アジア全体の人口の約半数が住んでいます。

Unknown

ウズベキスタンの有名な偉人に「中央アジアのゲーテ」とも謳われる

アリシェール・ナワイー(ナヴァーイー)がいます。

混乱期を生きた詩人であるだけでなく、政府高官として重税や飢餓、紛争に苦しむ民衆のために尽くし、学校や病院などを建設。また文学者や芸術家を庇護したといいます。

また私財の全てを慈善事業、学芸保護、弱者救済に充てるなど、その献身的な行動は中央アジアでは誰もが知るところだそうです。

「世の全ての人々よ
互いに憎しみあうことなかれ
互いによき友人となれ
友情こそ人のなすべき道なり」

今月の2月9日はナヴァーイーの誕生日です。

まだまだ知らないことも多く世界の広さを感じます。