2017年9月9日 今日の小さいふ。サテュルヌ

WEB担当


小さい財布 サテュルヌ:A

小さい財布 サテュルヌ:B

こんばんはWEB担当のくすどです。
太陽フレアによるコロナガスがニュースになっていますが
ぼくはツイッターでふと目にした「コロナガスクジラ」という言葉が
なぜか脳裏に焼き付いて忘れられずにいます。
これもコロナガスの影響なのでしょうか。

さて、そんな宇宙づいた今日の小さいふ。は「サテュルヌ」。
サテュルヌとはフランス語で「土星」という意味。

外側は濃いベージュ系にシワ加工が施された革。
そして中には伊達政宗の陣羽織をモチーフにした紫地羅背板五色乱星。

今見てもモダンなパターンから、水玉模様の陣羽織としても有名ですが
名前にもあるように実はこれ夜空の星を描いたもの。
色とりどりの星が輝いています、星といえば黄色や白などで描かれることが多いですが
本来の星空も、温度が高い順に「赤→オレンジ色→黄色→白色→青白色」と色がついており
昔の人の観察眼には脱帽です。

あまたの星空を抱えたサテュルヌ。
あなたのバッグやポケットの中に星空を、いかがでしょうか。



今日の小さいふ。販売ページはこちら
今日の小さいふ