2018年4月13日 今日の小さいふ。浅葱鼠 (あさぎねず)

WEB担当


小さい財布 浅葱鼠:A

小さい財布:B

こんばんはWEB担当のくすどです。
ただいまクアトロガッツでは京都大丸1Fにて期間限定ショップを開催中。
明日は雨予報ですが京都は地下道やアーケードも充実しているし
いつもと違う表情の神社仏閣など雨の京都というのも風流で良いかもしれません。

さて、今日の小さいふ。は「浅葱鼠 (あさぎねず)」
浅葱鼠とは色の名前で曇天の空の色のような、青緑色をおびた渋い鼠色のこと。
今回の小さいふはそこまで青緑色は強くないので
色としては若干違うのですが、良い名前だったので、そのまま命名です。

灰色の和色を調べてみると「なんでこんなに」と思うほどたくさんの色合いがあります。

これは江戸時代、幕府により庶民に贅沢を禁止する
「奢侈禁止令」(しゃしきんしれい)が発せられ、庶民は「茶色」「鼠色」「藍色」の着物しか着ることができなくなったそうです。

しかし、そこで「そうか、じゃあ大人しく地味にしてよう」とはならないのが庶民の力強さ
許された「茶色」「鼠色」「藍色」の中で「四十八茶百鼠」(しじゅうはっちゃひゃくねず)と言われるほど
多彩な色合いを作り出し、この微妙な色合いの変化と渋みを「粋」として楽しみました。

この「浅葱鼠」ちゃんも他のカラフルな小さいふたちの中では
少し地味に見えるかもしれませんが、柔らかなライトグレーの濃淡と
ところどころにくすんだイエローの彩色が施され
ひとつの色の中にいくつもの多彩な色合いが隠れています。

「粋」な色合いの中に力強さと気品を持った「浅葱鼠」ちゃん、あなたのお供にいかがでしょうか。



今日の小さいふ。販売ページはこちら
今日の小さいふ