2018年5月6日 今日の小さいふ。Jomon

WEB・製作担当


小さい財布:A

小さい財布:B

型押しの大胆な柄の入った革の小さいふ。

迫力のある柄は民族的なパターンを連想します。

縄文式土器を工芸品から美術品へ位置付けたのは岡本太郎だといいます。

博物館を訪れ一隅にあった縄文土器を前に「なんだこれは!」

「ものすごい、こちらに迫ってくるような強烈な表情だ」と衝撃を受けたそうです。

その後の太陽の塔にも通じる世界観があります。

縄文時代の歴史は生活様式は調べてみると楽しいと思います。

迫力のある柄の小さいふ。エネルギーが漲ります。

WEBSHOP、製作担当なかつじあきおでした。



今日の小さいふ。販売ページはこちら
今日の小さいふ