2018年11月1日 今日の小さいふ。古木の思い出

WEB担当


こんばんはWEB担当のくすどです。
今日から11月、11月というといよいよ年の瀬が近づいてきた気がしますね。

今日の小さいふは「古木の思い出」。
ぼくが生まれ育った家の向かいの家に
めり込むようなかたちで生えていた巨木がありました。
巨木と言ってももう実も葉も茂っておらず
地上3mくらいのところに大きなウロが空いている木でした。

その木のウロの中から朝になると「ホホーホッホー ホホーホッホー ホホーホッホー」と
フクロウのような、くぐもった、それでいて優しい鳴き声が聞こえていました。

当時はフクロウなのかと密かに思っていたのですが
最近になって知ったのですが「キジバト」という種類のハトなんだそう。


出典:Wikipedia キジバト

ハトだったんだ・・・!

がっかり・・・というよりは
あの声の主を知ることと、検索してあの声をもう一度聞けたことが嬉しかったです。

表は深いブラウンのワックスレザー、使い込むほどに柔らかく
趣深いエイジングを楽しんでいただくことができます。

古木の思い出、あなたとはどんな思い出を紡ぐことができるでしょう。



今日の小さいふ。販売ページはこちら
今日の小さいふ