ちょっと賢い革のお話 第4話 「革を創るのは誰?」前編

小さい財布の小さいふ。


「第4話」

「革を創るのは誰?」

友達曰く「動物を山で狩ってるんか?」

「狩ってへん。買ってんねん。」

イベントなどではよくお客様から革を作って
いるんですか?どうやって染めているんですか?
など聞かれることも多いですが

革を創っているところはタンナーといいます。

そこで作られた革を使ってクアトロガッツは製品の
デザインと縫製をしています。

タンナーというのは聞き慣れないことばですが、
タンニングというのは製革法、なめしという意味で
革のなめし工場のことはタンナーと呼びます。

革は様々な国で作られます。
日本では国産、輸入品に分かれます。
例えば栃木レザーは日本製ですが、材料となる原皮の多くは北米から輸入されています。船

その革がどこの国の革なのかということは、
実はそれは革をなめした国がどこかという
ことで決まります。

原皮が革へと革命するところ
(だから革命は革が由来ですひらめき電球
それがタンナーなんですね。

「変革」 これも革ですね ニコニコ
人の細胞も一日一兆個も生まれ変わるそうです。
60日で細胞全部が生まれ変わるそうです。目
また止まっているように見える物も
分子レベルでは全ては動いているといいます。

変化の連続の毎日。もみじ
良い方に変わっていきたいですねニコニコ