『モノ・マガジン2月2日特集号』で「小さいふ」をご紹介いただきました

小さい財布の小さいふ。


 

MONOマガジンさんに、丸1ページ特集組んでいただきましたー☆

MONOマガジンさん、めっちゃありがとうございます!!!

『モノ・マガジン2月2日特集号』
出版社: ワールドフォトプレス (2018/2/2)
定価637円

コレぞ元祖!小さい財布の代表モデル「小さいふ」

【特集】 さらば現金!

電子マネーが普及しキャッシュレス化が進む今。次世代通貨「ビットコイン」も注目される。今後数枚のカードを中心に生活する人も増えるだろう。ならば2018年は、現金卒業!現金にとってかわる便利な決済手段やデジタルアイテム、小さい財布などを紹介する!

「小さくなればもっと自由になれる」がコンセプトの革財布

冬本番のこの時期、寒さもピークを迎え外出が億劫になってい人も多いのではなかろうか。とはいえ週末はスポーツや趣味を楽しんだり、アクティブに猛したいもの。そんな人におすすめなのが、極小サイズの財布「小さいふ。」だ。

生活に欠かすことのできない財布をコンパクトに変えることで、気持ちまで軽やかに、思い立ったらすぐに出かけられそうだ。小さなバックや、スーツ·シャツの胸ポケットにも入るコンパクトサイズなので、ビジネスはもちろん、カジュアルシーンでも活躍する。

素材にはエイジングが素晴らしい栃木レザー社製のヌメ革を使用革の美しい光沢感とカジュアルなデザインが合わさり、他の革財布にはない親しみやすさを感じることができる。

外見はもちろん、機能性にも優れ、カード約6枚、コイン約20 30枚、お札約20枚と小さいサイズながら、財布として必要なものは全て収納可能。カラーバリエーションが豊富なので自分だけのお気に入りを見つけよう!

その他の内容はこんな感じです↓↓↓

【大特集】 男のキレモノ大図鑑

刃物は危険なのか? その認識は的外れである。正しく管理して、正しい使い方をすれば、これほど便利で有用な道具はない。そこで道具としての素晴らしさを再認識してもらうため、ナイフのみならず「包丁」「斧」「ナタ」「ハサミ」「ノコギリ」まで、さまざまなタイプの刃物とともに、使い方や目的を紹介する。それぞれ奥深い刃物の世界にご案内しよう!

【特集】 こだわりのエンディング モノマガ流 終活のススメ

エンディング産業が大きな広がりをみせている中、いまや自分で最後を決める時代が到来しつつある。ロケットで旅立つ宇宙葬、最後に乗る霊柩車は豪華なリムジン、インテリアのようなデザイン仏壇など、こだわりのライフエンディングの“今”を切り取った特集だ。

【地方創生ブランド 第32回】 大阪のいいもん開発中!大阪商品計画

インスタントラーメンや回転寿司などユニークな商品を生み、ネジからロケット部品まで幅広い技術を誇る「モノづくりの街・大阪」。その実力に磨きをかけ「もっといいもん、もっと売れるもん」をめざすプロジェクトが進行中だ。挑戦と進化と、遊び心に溢れる現場を取材。

【特別企画】 オトコがハマるデンタルギア

30代から始まると言われる歯周病。あなたは一体どこまでケアできているか?口腔内だけの問題に止まらず、全身に悪影響を及ぼす現代病なのだ。生活習慣改善の第一歩、モノ・マガジンが全力で応援する特別企画。男よ、最新デンタルギアで吐く息から男前になれ!

and more!!