父の日特別インタビュー 『手塚るみ子さんに尋ねました「父としての手塚治虫」』

小さい財布の小さいふ。


父の日特別インタビュー

『手塚るみ子さんに尋ねました「父としての手塚治虫」』

漫画の神様「手塚治虫」生誕90周年の本年。クアトロガッツ×手塚治虫ワールドのコラボ第一弾『手塚治虫「ブッダ」 × 小さいふ。』の発売記念して手塚るみ子さんにインタビューをさせていただきました。

手塚るみ子さんの父親は、言わずと知れた「漫画の神様」手塚治虫氏。

漫画への、そして作品の根底に流れる人間への惜しみない愛。

劇画やアニメーションなど新しい表現手法を意欲的に取り入れ、自身の作風をも時代に合わせて日々進化させ「100歳まで描き続けたい」と語る意欲的な精神。

常に連載を何本も抱えながら(ピーク時は10本以上!)毎週のテレビアニメをつくるなど、多忙を極めた氏ですが父親としてはどのような人物だったのでしょう。

父の日特別企画として、手塚るみ子さんに「父親としての手塚治虫」を尋ねました。

『手塚るみ子さんに尋ねました「父としての手塚治虫」』