livedoor NEWS/Japaaan magazineに掲載されました。まるで前衛アートみたい!手塚治虫の名作「ブッダ」の哲学を表現した財布がカッコよすぎる!

小さい財布の小さいふ。


livedoor NEWS (2018/06/10)

日本文化と”今”をつなぐ、ニッポン再実感マガジン Japaaan

まるで前衛アートみたい!手塚治虫の名作「ブッダ」の哲学を表現した財布がカッコよすぎる!(2018/06/10)

手塚治虫作品とコラボしたアイテムは数あれど、このテイストはあまり見たこと無いかも。手塚治虫の生誕90周年記念して、手塚治虫の名作「ブッダ」とコラボした財布が発売されました。

6月9日に発売されたのは、レザーファクトリーブランド「小さいふ。クアトロガッツ」を運営するガッツによる企画「偉人シリーズ」によるコラボ財布で、この企画は、影響を受けた偉人の思想・哲学を元にしたデザインの小さいふを発表するというもの。その第1弾が手塚治虫の名作「ブッダ」とコラボした財布なのです。

デザインのモチーフとなっているのは、ブッダの主人公シッダルタが「すべての生命はつながっている」ということに気づく「悟り」の瞬間。「すべての生命は平等に素晴らしい」 という哲学・生命観が特に強く感じられるシーンです。

特の世界観が表現されていて、前衛的アートのような雰囲気がビンビン伝わってきますね。手塚ファンでなければ手塚作品がモチーフだとは気づかないデザインが、手塚ファンの物欲をさらに掻き立てます。

コラボ財布は2タイプで、それぞれレッド、ホワイト、ブラックの3カラー展開。なお、ブラックベースの素材には日本最高峰と言われる栃木レザー、ホワイトベースの素材にはハリのある姫路レザーが使用されています。

デザインをよく見てみると表面左上にはこっそりとブッダ(シッダルタ)の姿も確認することができます。カードポケット部分には手塚治虫生誕90周年の刻印入り。

手塚治虫作品のなかでも哲学的な内容がより多く含まれた「ブッダ」をコラボする作品に選んだあたりは、手塚ファンにとっては嬉しいかぎりではないでしょうか。

 

 


【発売記念】父の日特別インタビュー

 『手塚るみ子さんに尋ねました「父としての手塚治虫」』