鉄道を愛するみんなのサイト レイルラボ(RailLab)に掲載していただきました。「クアトロガッツ 、遠州鉄道「30形モハ25号」とコラボした財布を販売」

小さい財布の小さいふ。


鉄道を愛するみんなのサイト レイルラボ(RailLab)に掲載していただきました。

レザーファクトリーブランドの「クワトロガッツ」は、遠州鉄道とコラボしした財布「小さいふ」を、2018年9月1日(土)から販売します。

今回、販売される「小さいふ」は、「旅に便利な小さいふを旅好きな人にこそ使ってもらいたい」との思いから「旅」をテーマにした「旅シリーズ」の第1弾として販売されるもので、2018年4月に引退した遠州鉄道の30形「モハ25号」をモデルにしたものです。同車両は、最後の湘南顔の吊り掛け駆動車と言われています。

「小さいふ」は、国内最高峰と言われる栃木レザー社製のヌメ革を100%使い、自社工房で一点一点すべてハンドメイドで製造されています。

販売価格は11,800円です。販売箇所は9月1日(土)から新浜松駅前の遠鉄百貨店で、数量限定先行販売されるほか、9月22日(土)から「クワトロガッツ」の公式ウェブショップでも取り扱いされます。

詳しくは、「クワトロガッツ」のウェブサイトを参照ください。