小さいふ。


SOU・SOUは『新しい日本文化の創造』をコンセプトにオリジナルテキスタイルを作成し地下足袋や和服等を製作、販売する京都のブランド。そのSOUSOUとのコラボ小さいふに2020年春の新柄が仕上がりました。
定番のSO-SU-Uを含む全9柄展開。
衣類のポケットや小さな鞄に入れても
かさばらずに携帯できます。

「クアトロガッツ×SOUSOU 小さいふ。」


SOU・SOUとは

side_btn_sousou

若林剛之(プロデューサー)・脇阪克二(テキスタイルデザイナー)・ 辻村久信(建築家)

SOU・SOUは『新しい日本文化の創造』をコンセプトにオリジナルテキスタイルを作成し地下足袋や和服等を製作、販売する京都のブランド。

脇阪克二(テキスタイルデザイナー)、辻村久信(建築家)、若林剛之(プロデューサー)らによって2002年設立。

モノ創り、日本の文化、ファッションに真摯に向き合うプロデューサーの若林 剛之さんの姿にはとても感銘を受けました。

足袋から始まったSOU・SOUのモノ創りについて詳しくはこの本でも読むことができます。

オススメです。

41Z6Zkvh4sL._SX340_BO1,204,203,200_

伝統の続きをデザインする: SOU・SOUの仕事

テキスタイルデザイナー脇阪克二さん

1944年京都生まれ。1968年24歳で単身フィンランドへ渡りマリメッコ社へ初の日本人テキスタイルデザイナーとして入社。

その後ニューヨークのラーセン社、ワコールインテリアファブリックにて活躍。

現在は生まれ故郷である京都でSOU・SOUのテキスタイルデザイナーとして日々創作を続けられています。

脇阪克二さんはテキスタイルデザインの世界で「日本人にとってしょうゆ、味噌とうふの様なもの」をつくりたいと語っています。

「日本人がふつうに毎日のように食べているもの、特別ではないけれどおいしいし、あきないもの」「そういうものこそ世界の人にもわかってもらえる」

感慨深い言葉です。

また脇阪克二さんは20年以上
毎日手描きの絵はがきを奥様にだされていて本にもなっています。

6158fsB1WrL._SX349_BO1,204,203,200_

脇阪克二のデザイン ―マリメッコ、SOU・SOU、妻へ宛てた一万枚のアイデア

一日一絵はこちら