小さいふ。


連休最終日。
いかがお過ごしでしょうか?
端午の節句に子供達の健やかな成長を願って牛革と魚の革で「革の鯉のぼり」を作りました。

鯉のぼりを飾るようになったのは江戸時代からと言われています。

鯉のぼりには流れの激しい竜門の滝を登り切った鯉が竜になるという中国の故事「登竜門」にちなんで「どんな環境にも負けず、立派に成長するように」という願いが込められています。

GW明けも緊急事態も延長となり予定の定まらない状況が続きますが
いつか収束するであろうその時を目指して、自分のなすべきこと、互いに助け合えることをしながらこの状況を打開して参りましょう!