「さまざまなこと思い出す桜かな」

この句は松尾芭蕉が奥の細道の旅に出る一年前、

故郷である伊賀の国へ帰省した際に詠まれたといわれています。。

若き日のこと。

芭蕉は故郷の伊賀で主君に仕えていました。

しかしその主君は二十五歳という若さで桜の散る頃に急逝。

主君を見送った後、芭蕉は二三歳で俳諧の道に生きることを決心します。

IMG_4428

そして侍の道を捨て脱藩。

それから二十二年後、父の追善法要もあり桜の咲く頃に故郷に戻ったときのこと。

図らずも旧主の屋敷の花見の宴に招かれます。

江 戸において俳諧で名を上げた四五歳の芭蕉。

脱藩の罪を負ったため二度と訪れることはないと思っていた故郷。

その時に詠んだと句が「さまざまなこと思い出す桜かな」だそうです。

IMG_4442

満開の桜です

同じように見えて毎年新しい花を咲かせる生涯青春の桜。

私たちも年々新しい花を咲かせていきたいですね。

12928213_1013039842122488_2060797126252253579_n

[おまけ]花見にオススメのアイテム「サムライ」

IMG_3830

サムライは使わない時はこんな風に掛けて収納できます。

IMG_3785

サムライになってお弁当を片手に桜のある土手へ。逃げる女子スタッフ

IMG_3792

一回目の花見では時期が早く桜の蕾を見上げるサムライ

IMG_3804

近所の中華料理店「浜勝」の唐揚げ弁当を食べるサムライ。