小さいふ。


クアトロガッツの干支シリーズ

栃木レザー社の素上げヌメ革を使った干支シリーズ。

酉年の「kara素(su)」、戌年の「Dog素(su)」、亥年の「イノsu素」に続き、今年も干支のネズミのロゴを刻印し「Mou素-Su-(マウス)」ができました。

栃木レザーにも様々な仕上げの革はありますが、植物性のタンニンだけで鞣されたハードタイプの革の繊維を適度にほぐして色染めだけで仕上げています。

革の中でも最もナチュラルな「素上げ」ですが、その魅力は何と言っても使うほどに手に馴染み、艶がでてくるエイジング。最初は優しいベージュのような色が、使い込むと深い飴色に変わっていきます。

あなたの2020年のスタートに、まっさらな小さいふ「Mou素-Su-(マウス)」をお供させてあげてください。

この「Mou素-Su-(マウス)」で使用しているのと同じ栃木レザーの革が2020年の東京オリンピックで使われます。詳しくはこちら ↓↓↓

ちょっと賢い革の話 第28話 2020年東京オリンピック公式種目に栃木レザーが使われます。

栃木レザーについて、詳しくはこちら

栃木レザー