小さいふ。


ダリの名刺入れのこの革はダリの作品「記憶の固執(柔らかい時計)」をイメージしてイタリアのミラノの革屋さんで創られた革です。

通常革の鞣し工場(タンナー)は郊外(サンタクローチェ等が有名)ですが この革はミラノの都会で創られています。

イタリアのファッション・デザインの中心地でクリエーターが集まる中心地ミラノだけに ダリの絵をモチーフにした奇抜な時計柄の革が生まれたのでしょうか。

革に押された型押しの凹凸と手触りが気持ち良い革です。